EE-RR50とEE-DC50の違いは5つ!象印スチーム式加湿器比較

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
ひじき
ひじき

家電製品アドバイザーひじきです

今回は、象印のスチーム加湿器、EE-RR50EE-DC50の違いを比較しました。

EE-RR50EE-DC50はどちらも2021年8月に発売されたモデルです。

どちらも清潔な蒸気で部屋を加湿できるという点は変わらないスチーム加湿器ですが、細かい仕様の違いがあります。

比較したところ、EE-RR50EE-DC50の違いは5つでした。

①タンクの容量:EE-DC50の方が多い
②連続運転モードで設定できる加湿の強さ
③タイマーを設定できる時間
④カラーの違い
⑤価格帯の違い:EE-RR50の方が安い

ということで、EE-RR50がオススメな方は、

・コストをおさえたい

シンプル機能でコスパがいいEE-RR50はコチラ▼

そして、EE-DC50がオススメな方は、

・自分の用途に合わせてより細かいタイマーの設定をしたい
・畳数の違う色々な部屋で使用したい
・色はグレーが良い

細かい設定ができる!グレーがオシャレなEE-DC50はコチラ▼

象印 加湿器 4L スチーム式 (木造8畳まで/プレハブ洋室13畳まで) 大容量 蒸気 加湿 シンプル フィルター不要 お手入れ 安心 簡単 チャイルドロック 煮沸式 おしゃれ 除菌 グレー EE-DC50-HA

そのほか本文では、象印のスチーム式加湿器EE-RR50EE-DC50の違いを比較して、機能や特長も詳しく解説しています!

スチーム式加湿器の購入を検討している、あなたの参考になれば嬉しいです^^

★加湿器の人気ランキング (楽天市場)はコチラ!

EE-RR50とEE-DC50の違いを比較 象印マホービンスチーム式加湿器

EE-RR50EE-DC50の違いは5です。

①タンクの容量:EE-DC50の方が多い
②連続運転モードで設定できる加湿の強さ
③タイマーを設定できる時間
④カラーの違い
⑤価格帯の違い:EE-RR50の方が安い
1つずつ解説しますね♪

①タンクの容量:EE-DC50の方が多い

EE-RR50EE-DC50ではタンクの容量が異なります。

EE-RR50:3.0L
EE-DC50:4.0L
タンクの容量が異なることで、連続稼働可能時間が変わってきます。
同じ強さの加湿(480ml/h)で可能な連続稼働時間は、
EE-RR50:6時間
EE-DC50:8時間
このように、2時間の差があります。

②連続運転モードで設定できる加湿の強さ

連続運転モードで設定できる加湿の強さにも違いがあります。

EE-RR50:強(480ml/h)・弱(125ml/h)の2段階
EE-DC50:強(480ml/h)・中(230ml/h)・弱(115ml/h)の3段階

加湿の強さは部屋の大きさに合わせて細かく設定できるとより効率的に加湿できるので、いろいろな大きさの部屋での対応ができますね。

③タイマーを設定できる時間

どちらの機種でも自動で電源がON、OFFするように設定することができます。

EE-RR50EE-DC50では、タイマーを設定できる時間が少し違っています。

EE-RR50 入タイマー:6時間 切タイマー:2時間
EE-DC50 入タイマー:4・6・8時間 切タイマー:1・2・4時

④カラーの違い

EE-RR50はホワイトのみの1色、EE-DC50はホワイトとグレーの2色です。

お部屋のインテリアに合わせて色を選択するのも1つですね。

⑤価格帯の違い:EE-RR50の方が安い

EE-RR50EE-DC50の最安値を、大手ECサイトで調べました。

楽天 Amazon Yahoo!ショッピング
EE-RR50 9,282円 9,480円 9,250円
EE-DC50 13,800円 16,230円 13,800円

※2023年5月時点

価格は変動するので、最新の価格は下記リンクをクリックしてご確認ください!

EE-RR50

楽天

Amazon

Yahoo!ショッピング

EE-DC50

楽天

Amazon

Yahoo!ショッピング

シンプル機能のEE-RR50が1万円以内で買えてコスパ良いですね。

EE-RR50とEE-DC50はどっちがオススメ?

EE-RR50EE-DC50はどちらがオススメかというと…

EE-RR50がオススメな方

EE-RR50がオススメな方は、

・コストをおさえたい

EE-DC50がオススメな方

EE-DC50がオススメな方は、

・自分の用途に合わせてより細かいタイマーの設定をしたい
・畳数の違う色々な部屋で使用したい
・色はグレーが良い

細かい設定ができる!グレーがオシャレなEE-DC50はコチラ▼

象印 加湿器 4L スチーム式 (木造8畳まで/プレハブ洋室13畳まで) 大容量 蒸気 加湿 シンプル フィルター不要 お手入れ 安心 簡単 チャイルドロック 煮沸式 おしゃれ 除菌 グレー EE-DC50-HA

EE-RR50とEE-DC50の機能や特長

ここからは、EE-RR50EE-DC50の共通の機能や特徴をご紹介していきます♪

清潔な蒸気のスチーム式

​​​​お部屋の空気をきれいに保つために、新鮮な蒸気で加湿したいですよね。

象印マホービン加湿器は、沸騰させた清潔な蒸気を65℃まで冷まし、部屋を加湿します。

 

 

お手入れ簡単構造!

加湿器などの水を使用する製品のお手入れって大変そうだし、できれば簡単に清潔を保ちたいですよね。

どちらの商品もフィルターなし、フッ素加工の広口容器でお手入れ簡単!

給水もポットのように蓋を開けて入れるだけなので簡単です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

象印 スチーム式加湿器 ホワイト EE-DC50-WA [EEDC50WA]【RNH】
価格:17480円(税込、送料別) (2023/1/11時点)

楽天で購入

 

 

 

万全の安心設計!

チャイルドロックを搭載しており、お子様のいるご家庭で使用してもお子様のいたずら防止ができます。

また、蓋には開閉ロックがついており、転倒湯漏れ防止構造にもなっているため、万が一本体を倒してしまっても簡単に蓋が開かないようになっており、湯もれを最小限におさえられます。

 

 

快適な湿度を自動コントロール!

湿度センサーと室温センサーのデュアルセンサーにより、自動で快適な湿度にコントロールします。

「しっかり」「標準」「ひかえめ」と3段階選択でき、季節や好みに合わせて設定できます。

 

 

EE-RR50とEE-DC50の違いを比較 象印マホービン スチーム式加湿器まとめ

今回の記事では、 象印のスチーム加湿器EE-RR50EE-DC50の違いを比較し、さらに機能や特長もご紹介しました。

EE-RR50EE-DC50の5つの違いをおさらいすると、

①タンクの容量:EE-DC50の方が多い
②連続運転モードで設定できる加湿の強さ
③タイマーを設定できる時間
④カラーの違い
⑤価格帯の違い:EE-RR50の方が安い

EE-RR50がオススメな方は、

・コストをおさえたい

シンプル機能でコスパがいいEE-RR50はコチラ▼

そして、EE-DC50がオススメな方は、

・自分の用途に合わせてより細かいタイマーの設定をしたい
・畳数の違う色々な部屋で使用したい
・色はグレーが良い

細かい設定ができる!グレーがオシャレなEE-DC50はコチラ▼

象印 加湿器 4L スチーム式 (木造8畳まで/プレハブ洋室13畳まで) 大容量 蒸気 加湿 シンプル フィルター不要 お手入れ 安心 簡単 チャイルドロック 煮沸式 おしゃれ 除菌 グレー EE-DC50-HA

今回の記事が、あなたのスチーム式加湿器選びの参考になれば幸いです^^

この記事を書いた人
ひじき

妻と娘が引くレベルの家電好き。
普段無口ですが家電のことになると冗舌。
でも最後まで聞いてもらったことはありません。
家族共通の趣味はSnowMan。

ひじきをフォローする
生活家電
ひじきをフォローする
楽天の人気商品の口コミをまとめるブログ
タイトルとURLをコピーしました